2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2018年7月 | トップページ

2018年8月

2018年8月25日 (土)

TinyMOS: Tiny1で満月前夜の月を撮影

Tiny1のFocus Peakingがどれだけ役に立つか知りたくて、満月前日の月を試みた。結果、一ミリも役に立たなかった。機能しているようには見えない。明るいところで物体相手の場合は確かに機能しているけどね。

とにかくせっかくなので月を撮ってみた。撮影条件はこんな感じ。

Tiny1標準テレスコープレンズ 100mm(35mm換算で700mm相当)f2
ISO100
シャッタースピード1/2000sec
撮影地:杉並区

137

この写真は、クリッピングした以外は無加工の物。
偽色も表れているし、上を目指せばきりがないところだが、コンデジと携帯三脚だけでこれだけ撮れれば満足。と思ったけどRAWでも撮っておくべきだった。RAW以外にFITS, DNGというのもあるが、なんだろうか。後で調べてみよう。

#tinymos

2018年8月24日 (金)

Tiny1をUpdateした

Tiny1のソフトウェアを最新の2.0.2に上げてみた。アップデータがカメラを見つけてくれず、Windows側のAndroidのドライバが何か不適切なのかとしばらく悩んだが、PC側のUSBポートを変えたらあっさり認識して更新できた。

2.0.2になって初めて気づいたが、Focus Peakingという機能がある。これをオンにしておくと、マニュアルでフォーカスを合わせる際に、フォーカスの山となっている個所をチリチリと赤く見せてくれる。まだ星では使ってみていないけれど、ないよりはずっと良いかも。

思い返せばこの機能、前のバージョンからあったような気がする。何の機能か知らなかったよ。

コンデジサイズの天体撮影カメラTinyMOS: Tiny1用の広角レンズを探す

Tiny1で手軽に夜空のタイムラプス撮影ができると分かったので(前記事)、もっと広角なレンズが欲しくなってきた。ノーマルレンズは35ミリ換算で28mmなので、銀河を撮るには狭すぎるところ。

ちなみにTinyMOS自身が売っているレンズはこんなラインナップ。
  • Ultra Wide Angle 2.8mm (20mm equivalent) f1.4
  • 100mm (700mm equivalent) Telephoto lens
  • Standard 4mm (28mm equivalent) f1.2
Ultra Wide Angleを買っても良いのだが、標準レンズ同様、そんなに品質の良いものではないだろうし、ピント合わせに苦労したくなかったので他の物を探してみた。Tiny1はCS-Mountという監視カメラ?等で使われているマウントなので、それで探すとそれなりに出てくる。

気になったが次の二つ。
前者だと、15mm相当になるので、かなり広角だがレンズが、内側に3mm飛び出しているので、装着できるかどうか怪しい。となると同じようなスペックの後者の方か。しかもフォーカスロック機構があるので、最初から無限遠に合わせておけば、そのまま撮影に臨めるはず。

ということで、買ってみようかなあ。と考えている。
#tinymos

GlocalMe U2を購入

GlocalMe U2を購入した。理由は、新たに買ったHuawei P2 liteが、USでは使い物にならないことが分かったから。P2 liteに限らず、Androidは一部のメジャー機種(サムソンとか)を除き、米国のLTE Band 2と4に対応していないものが多く、電波のつかみは相当悪くなるという事を初めて知った。iPhoneは何の問題もないけど。

空港でWi-Fiルータを借りようかとも思ったが、経験上、バッテリー持続時間に問題があるような機種を渡されることが多かったので、何か買うことにした。それで調べてさらに驚いたのが、市販のWi-FiルータすらBand 2/4対応は全然ないということだった。それでGlocal Me U2。

まだ初期セットアップを終えただけの段階だが、こんな感じ。

まとめると、初期設定には不満がいろいろあるけど、あとはシームレスに動いてくれれば帳消しかなあ、と思う。どこかのブログで、米国では0.5Mbpsくらいしか出ないと書かれているものがあったけど、それじゃあ話にならないかなあ。結局ZIP SIMを使い続けることにはなるのか。
いまいちなところ
  • 日本語は変。(まあ予想通り)
  • UIがごちゃごちゃして分かりにくい。スマホアプリもWebも。これもある意味普通。
  • ケースがすごく開けづらい。爪が割れそう。マイナスドライバーで開けた。
  • 0SIMのapn設定にてこずった。これは0SIMに限らずAPN設定が必要となるケースにおける仕様上の問題のようす。新たなSIMを入れて、スマホからデバイスのWebUIにアクセスすると、初回はどのSIMを使うか聞かれるのだが、新たなSIMを選んでも、APN設定がないため当然失敗する。リトライしている間は、ログイン画面に進む手段がなく(見当たらない)、APN設定できない。しばらく放置したら、リトライをあきらめていて、ログインできた。そもそも、APN設定完了前は失敗するにきまってるんだから、初回はCloudSIMを選ぶべきなのかも。
  • 電波のつかみがやや弱い。自宅でのDoCoMoの電波は元々弱めだが、iPhoneや他のデバイスに比べても、つかみが弱い。
  • 形がいけてない。膨張して爆発寸前のバッテリーのような形状で、使う前から不安を掻き立てられる。そして無駄に大きい。
  • CloudSIMでつかんでいるキャリアがどこなのか知るためのUIがない

いいところ

  • それでも、必要な情報は一通り表示されているし、必要な機能も一通りありそう。
追記:
0SIMをPrimaryにした状態でiPhoneとXperiaの二台をWi-Fiでつないで街をウロウロしてみた。別段問題なく使えるが、やや気になったのはこんなところ。
  • 40分もたつと熱くてホカホカになる。折角これだけ大きいんだからうまく排熱してほしい。
  • 使用中のSIMが3Gか4G接続なのか、電波強度はどのくらいなのか、一発で知る方法がない。
後者については、本体のボタンを何度か押すと強度が表示されるが、4Gかどうかは分からない。専用アプリを使うと、強度が出るけど、やはり4Gかどうかは表示されない。専用のWebUIでSIM管理画面を開くとようやくDoCoMo 4Gとか3Gといった表示があるので、そこで判明する。ただしその画面では、強度は分からない。

電波強度についても、何らかのタイムラグがあるようで、物理ボタンを押して表示される結果と、専用アプリの表示が異なるケースもある。

動けばいいだろ、的なノリで使うべきものかな。これは。大きな心で。

2018年8月17日 (金)

コンデジサイズの天体撮影カメラTinyMOS: Tiny1をようやく実践投入

Indiegogoで投資して待つこと2年半。天体撮影を簡単にできるコンデジという売り文句のTinyMOS: Tiny1がようやく届いたのが半年ほど前。しかし東京23区内では、ほぼできることがなく、使い道のない状態が続いていたが、やっと実践で使える日がやってきた。撮影地は野辺山。

カメラのスペックとしては普通のコンデジにこんな機能をつけた感じ

  • 惑星、恒星、星座等の情報をスクリーンにオーバーレイ表示してくれる
  • 天体撮影用に設定がPresetされている。天の川用、星空用とか。
  • 赤外線フィルターをオフにできる
  • 暗所モードがある。(画面が赤くなる)
  • タイムラプスのオプションはそれなりに充実

TinyMOS: Tiny1について詳しくはこちら。

ユーザによる記事はいくつかあるものの、実際に使ってから記したものは見当たらない。

本題に戻るが、雷雨の合間に束の間、晴れ上がった空にひろがる天の川銀河を撮影することができた。薄雲はまだ残っていて、天の川にかぶるし、地上光の反射も起きて、撮影条件は良好とはいいがたい。とにかく、タイムラプス撮影した結果がこちら。

<動画・・をアップロードしようと思ったがココログのサイズ制限で追加できず。仕方がないので、とりあえず静止画を一枚だけ載せておきます。これもココログに自動縮小されています。さすがに静止画じゃあ面白さが伝わらないと思うけど、これだけ手軽にタイムラプス撮影できるのは楽しい>
000010

撮影条件は次の通り。

  • 方角:右半分に見えるのが、雲越しの、白鳥座のデネブを含む胴体から尾の部分越しの、天の川銀河
  • 時刻:20:40~21:00
  • シャッタースピード:30秒
  • レンズ:4mm, f/1.2
  • ISO:159
  • タイムラプスの設定:45秒間隔

ご覧の通り、天の川銀河がギリギリ見えてる。もう少しISOを上げるべきだった。ちなみに上記のシャッタースピードとISOの組み合わせはカメラのMilkywayモードのデフォルト値である。星は肉眼よりカメラのほうがたくさん見えている。

まとめ

  • Tiny1と標準レンズ、それから携帯三脚だけで、デフォルトの設定でこれだけ撮れるのは楽だし素晴らしい。

長所

  • まとめの内容に尽きる。よい意味で。
  • IR filter cutはそれなりに効果があるような気がする。

短所

  • ソフトウェアが粗削り。細かいバグはたくさんあるが、まあ、なんとか使える。
  • 例えばTimelapseで長時間(多くの枚数)を撮ると、最後に動画に変換する処理で重くなり、クラッシュを繰り返す。カメラ側では解決策がないため、Tiny1の方では静止画として記録し、Mac側で動画に変換することにした。
  • レンズのピント調整が困難。星を撮るんだから無限遠に合わせれば良いのだが、それが難しい。フォーカス部を回し続けると、無限遠のところを大幅に通過して、最終的には物理的に脱落する。フォーカス時にズームしてくれれば助かるのだが、そんな気の利いた機能はない。

短所やバグを上げるときりがないのだが、小さくて携帯性に優れる点がすべてを凌駕している感じ。ただし純正品だけの状態では、それほど応用範囲がない。全天をタイムラプス撮影するか、700mm標準テレスコープで月面を撮るくらいか。惑星を撮るには倍率が足りないし、星雲や他の銀河を撮るには、相応の他の装置を用意する必要がある(当たり前だが)。月面も700mm程度ではまだまだ。これから何に使おうかなあ。。。

いい買い物だったかどうか? Yes。

#tinymos

« 2018年7月 | トップページ